少林寺拳法 大阪難波

拳士紹介

松村道場長(539期生) 大拳士 五段
自分を少しでも変えたいと入門し、早くも16年以上経ちました。
現在は道場長を任されていますが、もちろん入門した時は初めから技が出来た訳でもなく、コツコツと頑張って上達して来ました。誰でも努力と継続で、上達する事は可能です。ぜひとも入門してからの自分の変化を楽しみに来て下さい!
安達拳士(263期) 大拳士 五段
健康増進。
荒木拳士(662期生) 正拳士 四段
私は大学の部活動で少林寺拳法を始めました。そして部活動を引退した後も少林寺拳法を続けたいと思い、現在大学院に通いながら大阪難波道院に所属し、体を動かしています。
大阪難波道院は老若男女様々な方が練習されているので、皆さんと楽しみながらも、豊富な練習を積む事が出来ます。さらに道場が駅から近く、お仕事、学校終わりに通いやすいということも大きな魅力です。
どのような練習内容?雰囲気はどうだろう?と気になる方はぜひぜひ見学におこしください!
井戸拳士(228期生) 正拳士 四段
2013年、今年で少林寺拳法を始めて、46年目を(約30年の休眠を含め)迎え、年齢も62歳を迎え、年々瞬発力、持久力の衰えを感じながらも、「護身錬鍛、健康増進、精神修養」を目標に修行を継続し、65歳を目途にもう1ランク上の武階、法階、僧階取得を目指し、心技体を充実させ、健康で楽しい人生造りの活動を続けようと考えている。
少林寺拳法は、自己の体力に合わせて楽しく練習できる「護身錬鍛」の修行法であり、多くの方に体験していただきたいと考えています。
園田拳士(280期生) 正拳士 四段
40才の時から、20年間休眠してました。大学生の時に少林寺拳法と出会い二段の時大学に拳法部を設立しましたが、その青春を燃やした拳法部も35代目消滅してしまいました。何故でしょうか?残念ですが、これも時代でしょうか?大学を卒業し大阪に帰ってからは、生野道院でお世話になり29才の時に四段允可、1990年に武専本科を卒業と同時に休眠しました。還暦を一つの節目とし、一念発起して今回復帰させていただきました。目標は、老若男女の人達が少林寺拳法に魅力と夢を感じるような老拳士でありたいなという事です。入門を迷っておられる方、休眠中の拳士の方、この難波道院で共に汗を流して、護身練担、健康増進、精神修養にと励んでみませんか?思い立ったが吉日です。
山田拳士(637期生) 中拳士 三段
入門の動機は、仕事中心な生活に変化を付けたくて体を動かす事がしたいと思い入門しました。
40を過ぎてからの入門だったので、長続きするのか初めは不安だったのですが、今では少林寺拳法の魅力に取り付かれてしまいました。
技の魅力と奥深さ、道場の仲間の心の温かさ、優しさが今まで続けて来られた理由だと思います。
すてきな仲間との出会い、少林寺拳法の魅力を見つけに来てください。
樫永拳士(598期生) 中拳士 三段
私は子供の頃から武道に興味を持っていて、転勤をきっかけに今までの習い事を辞めて少林寺拳法を始めました。
当初、合気道にしようかどうしようかと悩んでいましたが、今は少林寺拳法を選んだ事、また、難波を選んで色んな人達と知り合えて本当に良かったと思います。
少林寺拳法の技は難しいですが、体が自然に動くように頑張りたいと思います。
高松拳士(603期生) 中拳士 三段
偶然、難波を見つけ見学させてもらいました。老若男女みんあが和気あいあいと、楽しそうに練習しており、技も美しかった事、先生が誠実で優しそうな人だった事等で入門を決めました。
色々な人と仲間になれて、今では練習日が休日よりも待ち遠しいくらいです。
これからも技の上達のため、心を磨くため、そして素晴らしい仲間と練習をするのが何より楽しいから続けていきたいと思います。/dd>
櫻井拳士(631期生) 中拳士 三段
私が少林寺拳法を始めたきっかけは、子供2人(他道場所属)が、先輩(4年、2年)として習ってました。
それと仕事関係の方もやっており、その方のすすめで入門しました。
始めた当時は子供と演武するためと考えていましたが、子供には追いつけませんでした。
私は約10年難波で練習させていただいてますが、続いてる理由は自分のペースで自由に練習ができるからだと思います。
道院長である伊藤先生が皆さんを大人として対等に接されているので、すごくいい道場です。
黒木拳士(558期生) 中拳士 三段
あなたの夢はなんですか?あなたの夢を教えて下さい。少林寺拳法には、どんな困難にも堪え、打ち克つことの出来る自己を確立する為に、金剛の肉体と正義感と、勇気と慈悲心、そして行動力に満ちた人間育成の場所です。共に夢の実現に向かって歩いて行きませんか?
黒木拳士(515期生) 中拳士 三段
私は小学生の頃より通っていまして、病気が治る的な理由をつけられ、ムリヤリやらされましたが、練習していると、いつの間にかのめり込んでました。
大人になって少林寺拳法の良さを改めて知り、さらにのめり込んでいます。良さは何かって?それはアナタが体験して見つけて下さい。
えっ?教えてって?ん…。私は今、自分の思ったように技が決まった時がサイコーですわ。相手を崩したり、ごにょごにょ…。まぁやってみましょ。ぜひぜひ。
お待ちしてまっせ。!
井上拳士(654期生) 中拳士 三段
少林寺拳法は護身術になるだけでなく、体を動かす事で健康にもなり、精神的にも修養できます。またいろいろな仲間ができるので、人のつながりも大切にしています。
練習の時はあらゆる動きの元となる基本動作を大切にし、技に活かせるようくり返し教えられ、また習ったことを他の人に教えています。
自分のペースで練習でき、初心者でも安心して技を修得できるよう、その人のペースに合わせて技を教えているので、少林寺拳法に興味がある方は、まずは気軽に見学に来てください。
山口拳士(657期生) 中拳士 三段
40歳を過ぎて運動不足解消と少しでも強くなりたいと思って7年程前に始めました。強くなったかどうかわかりませんが、メダボにもなっておらず運動不足解消には役立っているようです。
少林寺拳法はいくつになっても始めることができますので興味があったらぜひ練習を見に来てください。
堂馬拳士(675期生) 中拳士三段
少林寺拳法は、肉体の鍛錬はもちろんの事、精神修養や健康増進を図る上でも子供から高齢者まで万人が修行できる武道です。
その技の種類は多岐にわたり、奥が深いです。
一生を通じて修行できますヨ!
日下拳士(674期生) 中拳士三段
僕は高校1年から大阪難波道院に通っています。大阪難波道院は基本練習に多くの時間をかけるので一年間できっちりとした少林寺拳法の動きを身につける事ができます。
また基本練習後は、技の時間として約1時間習うので、様々な技術の研究ができます。技術練習でも気軽に先生に質問できるので、技の上達も早くなると思います。
大阪難波道院の特徴として、大人の人が圧倒的に多いので、一般から始める人にとってもすごく良い環境です。
池田拳士(684期生) 中拳士三段
子供と共通の趣味を持ちたくて始めましたが、自分の方が楽しくなり現在まで続けています。少林寺拳法は心身ともに鍛えることができ、毎日の生活に張りがでます。難波道院のホームページをご覧になられた方はぜひ、今までとは違う刺激のある毎日を始めてみませんか。
黒木拳士(551期生) 中拳士三段
最初は兄が習っていたので入門したのですが、修練を重ねていくうちに一生懸命技を磨き昇級していく達成感、喜びがやみつきになり毎日の練習がすごく楽しいです。
また女性でも無理なく丁寧に教えていただけるので自分のペースで練習が出来ます。いざとなった時に自分の身を守れる護身術なので、入門をお考えの方は是非見学にいらしてください。
中野拳士(657期生) 准拳士 初段
《強くなりたいな~》で少林寺拳法を始めて、かれこれ数年が経ちます。初めはどんな事をする武道なのかも分からず、「痛いんちゃうん」「しょっちゅう骨折とかするんちゃうん」「おまけにコワモテばかりちゃうん」…なんてイメージを持っていました。けどみんな仕事しながら続けている優しい人ばっかりやし、女性も結構います。
関節キメられたらちょっとばかし痛い事もあるけど慣れます(笑)。健康目的に自分の体力やペースに合わせて続けるのもアリです!
少し真面目な事を言うなら、技を身につけるには、それなりに時間と修練が必要です。コツコツ真面目に修行するのみ。私のようにサボってばかりだと上達しません。
入門を考えておられる方は、ぜひ、ご自身が長く続けていけそうだと安心できる道場を選択してほしいです。難波はきっとそんな場所になると思っています。
さて、そんな難波のウリは、大人が多いことです。「練習相手が子供しかいない」という事がない。そして仲がイイこと。練習以外でも仲が良いんです。特に私たち女性陣は、よく食事にも行く大の仲良し。ぜひ女性にも入門してほしいです。
入門を考えているアナタ!そう!今、これを読んでいるそのアナタですよ!待ってますよー!
まずは気軽に見学してください。
そして続けてみたいな~って気持ちになったらどうぞ入門なさってください。
荒川拳士(713期生) 少拳士 二段
40半ばで精神修行と体を鍛えるため、何かいいものはないかと考えていたときに、少林寺拳法・大阪難波のホームページを見つけました。
「この年齢から始めれるのか?」、「続けていけるのか?」などなど、不安で一杯でしたが、道場へ見学に行き、先生や先輩そして道場の雰囲気を見て、これなら行けるかもと思い入門しました。
自分が黒帯をしめるなど、最初は考えられなかったですが、先生や優しい先輩方のおかげで2年ほどで、初段をとる事も出来ました。今はずっと続けていくこと、そしてもっともっと上達し、これから入ってくる人を指導できるように成長したいと考えています。
ぜひ一度、大阪難波の雰囲気を見学に来てください。そしてぜひ1歩踏み出してみませんか?
井上拳士(713期生) 少拳士 二段
シニアの方、歓迎します。 少林寺拳法は老若男女不問です。経験がなくても自分の体力に応じて無理なく練習できますので大丈夫です。と申します私も61歳で入門しました。健康な身体と健全な精神を作り、元気に年を重ねたいと思ったのが入門動機でした。そして64歳になった今も楽しく元気に練習に励んでおります。礼節を重んじ、やる気があれば続けられます。ぜひ一度、当難波道院に見学に立ち寄って下さい。また実際に練習に参加するのも一興だと思います。合掌。
川畑拳士(715期生) 少拳士 二段
昔、他の武道をしてましたが違うことがしたくて少林寺拳法に入門しました。試合が無く、順位を競わず、お互いの為に練習できます。僕は永続する事を目標にしています。
山田拳士(696期生) 准拳士 初段
入門の動機は、精神的に弱く、目的もなく、自暴自棄で酷い状態の自分を変えたかったからです。
一人ではどうにも出来なくなったので、以前から興味のあった少林寺拳法を「この際やってみよう!」と意気込んで探したところ、難波道院に辿り着きました。
まだまだ未熟でどうしようもない時もありますが、これまで続けてこられたのは先生をはじめ道場の仲間の支えがあったからだと思います。
健康のため、趣味、ストレス発散…等々、始める理由は人それぞれにあると思いますが、私のように一人で悩んでいる人がいたら、ぜひ見学に来て欲しいです。
八幡拳士(716期生) 少拳士 二段
健身、精神鍛錬と始めました。 運動音痴、とにかく動きも技を覚えるのも遅い…私(決して若くはない)ですが、練習は科目表に従って進んでいき、階段を一段一段上がるような感じで技を身につけていく、個人の年齢や体力に合わせて稽古をすることが可能なので、理屈抜きで楽しいと思っているので続けています。
良い道場というのは、指導者や道場生達との人間関係がうまくいく道場というのが第一だと思います。
大阪難波道院は、その通り!の道場だと確信しています!
無理せず焦らず少林寺拳法を楽しむ。それが心得だと思います。
「継続は力なり」を体現してみたいものです。
安永拳士(716期生) 二級
何か身体を動かすことがしたくて入門しました。
少林寺拳法は大人になってからでも比較的始めやすい武道だと思います。
伊藤先生をはじめ、人格者の方々ばかりなので、安心して始められます。
私も仕事との両立が大変ですが、一緒に楽しく頑張りましょう。
田畑拳士(734期生) 准拳士 初段
大阪難波道院は、「伊藤ファミリー」って感じのアットホームな道場です。一人ひとりに合わせて、親切丁寧なご指導をいただけます。
また、私自身、仕事の合間を縫って道場に通うことで、技の上達だけでなく、すごく良い気分転換にもなっています。「拳禅一如」…より高めたいと思っています。
ぜひ、お気軽に見学にお越し下さい。共に頑張りましょう!
吉田拳士 一級
打撃あり、関節技あり、流れるような身のこなし…少林寺拳法は高度な技術を有する優れた武術です。
しかしながら、少林寺拳法は高度な人格の形成にも力点を置いており、女性や子供の方にも優しい雰囲気の中で、技術・人格の向上を図ることができます。
武道に興味をお持ちの方、日頃の運動不足を解消したい方、ぜひ一度、見学にいらして下さい。
お待ちしています。
高木拳士 三級
社会人の方は入門に際し、果たして仕事と両立できるのか、と不安を覚えると思います。この私がまさにそうでした。しかし、少林寺拳法の良さの一つは「自分のペース」で学べるところにあります。練習に参加すればするほど上達は早いでしょうが、仕事などで練習に参加できないことが重なっても、自分のできる範囲で一歩、一歩進んでいくことができます。
私は入門してから一年足らずです。この間に、仕事などで練習に出られない日が結構ありましたが、伊藤先生をはじめ諸先輩方のお力添えがあって、何とか続けられています。まずは一度、道場に見学に来てください。一緒に良い汗をかきましょう。
車谷拳士 見習い
少林寺拳法の“力に頼らず技の合理性をもって相手を制す”という技法に憧れ、入門させていただきました。
まだ始めたばかりですが、先生や先輩方に親切丁寧に教えていただき、楽しく練習させていただいています。
心身ともに強く、優しい人間になれるよう頑張っていきたいと思います。
青木拳士 四級
運動部の経験無しの私が、50歳を過ぎて健康の為だけでなく、強くなりたいと思っていました。少林寺拳法は護身術でもあり、老若男女が修業をされていると知り、早速見学に訪れました。伊藤先生が快く入門を承諾してください、今日にいたっています。前後左右もパラパラな動きの私を根気よく、教えてくださる皆さんに感謝しながら、練習に励んでおります。休まず、長く続けることを目標にしています。初めての方も、そうでない方も是非、見学においでください。
鉄尾拳士 准拳士初段
高校生の時に「燃えよドラゴン」を見て、いつかカンフーをやってみたいと思っていました。51歳で四国に単身赴任していた時に機会があって少林寺拳法の道場に見学に行き、そこで初めて少林寺拳法は打撃だけではなくたくさんの関節技や投げ技があることを知り、華麗な技を覚えたくてその場で入門させていただきました。その後、仕事の都合で約2年半休眠していましたが、地元に戻ったのを契機に55歳で大阪難波道院で復帰させていただきました。道院では伊藤先生をはじめ有段者の方々から解りやすく丁寧に指導していただいています。道院は明るく楽しい雰囲気で毎回練習に参加するのが楽しみです。
松田拳士(763期) 六級
きっかけは運動不足解消と何か護身術をやってみたいというものでした。
そのなかで打撃も関節技もある少林寺拳法に興味を持ちました。
難波道場は仕事帰りに通える便利な場所にあり選ばせていただきました。
体験練習で、伊藤先生をはじめみなさんに丁寧に指導して頂き入門を決めました。
格闘技の経験がなく、体の動かしかたがまだよくわかりませんが、黒帯を目指して練習したいと思っています。
増田拳士(763期) 五級
きっかけは今まで空手をやっていましたが他の武道もやってみたいという事と、 友達が少林寺拳法を習っていたということです。 なるべく休まないでずっと続けるということを目標に頑張りたいと思います。
吉田拳士 2段
私が大学の部活で少林寺拳法を始めました。就職を機に大阪難波に転籍する際、大学の部活とは練習の激しさなども異なり、また自分より年上、特に両親世代(!)の方々と一緒に練習することに、最初こそ戸惑いはありましたが、皆さん練習熱心&仲良し&フレンドリーなので、今は練習に参加するのが楽しいです。大阪難波に所属されている方々のような「カッコイイ大人」を目指し、定時に退社しできるだけ練習に参加すること、また無理なく続けることを心がけていきます。ストレス発散、運動不足の解消、人との出会い、純粋な技への興味、技ができたときの達成感…など、少林寺拳法は様々な側面を持っていると思います。自分の ペースで練習できますし、大阪難波は面倒見の良い方ばかりなので、初心者の方にもオススメですよ。少しでも気になった方、是非一度練習に参加してみてください!
井上拳士(724期生) 2段
この春から転籍して来て思った事は開祖の言葉通り、少林寺拳法は縦の繋がりではなく横の繋がりが大切だということ。その団結力と互いを思いやり助け合うかけがえのない絆がここ大阪難波には感じました。これからも沢山の方に支えられ、いつか自分も支えることができる拳士になりたいと思います。
高須賀拳士(766期) 六級
私は還暦を目前にして、これからの人生を健康でアクティブに過ごしていく為に何かしなくてはと思っている時、一冊の少林寺拳法の本に出会いました。宗道臣開祖の少林寺拳法を通しての人づくりの思いに感銘を受け、自己を確立し他人と共に協力し育つ事が少林寺拳法の修行を通してできればこれからの人生が豊かに楽しく過ごせるのではないかと思い始めました。私は入門して間もないのですがこの難波道院の諸先輩方(老若男女様々おられます)の技を教える姿勢からお互いを思いやり成長しようという思いを感じます。これは難波道院の長である伊藤先生のお人柄ではないかと思います。私もこのように楽しい難波道院の仲間に加えていただき60歳からの青春を謳歌したいと思います。
斉藤拳士(767期) 六級
独立開業をきっかけに身体に良いことを始めたいと考えていたところ、大阪難波道場の先輩拳士から“私のようにカッコ良くなりたければ、少林寺拳法を習いませんか”と誘われたのがきっかけです。社会に出てから35年以上まったく運動をせず、怠惰な生活を送り典型的な“中年?太り”の運動音痴の私に続くかどうか不安一杯でしたが、伊藤先生や先輩諸氏の皆様が、言葉では表現できないくらい親切に優しく、時には厳しく愛情一杯のご指導のおかげで、今では、仕事の都合で稽古を休むのが残念でたまらない程、楽しく通っています。1年半で還暦を迎えますが、その時に、友人、知人、親類縁者の皆様に“自信を持って『少林寺拳法の拳士です。』と胸を張ってご披露する日”を夢に見て、健康第一、体力増進!頑張りまぁす。
園田拳士(769期) 六級
出すぎたお腹をひっこめるためはじめましたが、今は技の奥の深さにもひかれはじめてます。場所が難波ということでアクセスしやすいので忙しい人も通いやすい道場です。お腹をひっこめたい方は是非。
土井拳士(674期生) 少拳士二段
じっとしていることができなかったから入りました。
あと友達がやると言ったのもはじめたきっかけです。
土井拳士(697期生) 一級
お兄ちゃんがやっていたので、一緒に始めました。
がんばって続けていきます。